ホテル・宿泊

たかの友梨のこだわりが詰まったお部屋

全室こだわりのベッド

河口湖にあるスパ&ホテル・桜庵は、日帰り利用ができる温浴施設ですが、もちろんホテルとして宿泊をすることも可能です。お風呂やエステを満喫したあと、ゆったりと休むことができれば、さらなる癒しを得ることができるでしょう。

桜庵は、美容家・たかの友梨の理想を余すことなく詰め込んだ理想のスパリゾート複合ホテルですが、そのこだわりは客室の隅々にまで行き届いています。

そのひとつが、客室のベッドです。桜庵の客室ベッドは、全室シモンズベッドを使用。シモンズ独自のテクノロジーで作り上げられた「ポケットコイルマットレス」のベッドが、質の高い眠りを提供してくれるといいます。

しかも、通常設置されている羽枕に加え、オプションで別の枕も用意されています。ヒノキ枕に低反発枕、そば殻の枕にマイナスイオン効果のある活性炭を練り込んだコルマービーズ枕などがありますから、枕が変わると眠れない…という人でも、自分にぴったりあった枕を見つけることができるのではないでしょうか。

趣向を凝らしたお部屋

また、ささやかなことですが、タオル類や館内着、シャンプーやコンディショナーなどのアメニティ類も充実しているのもポイント。

たかの友梨のエステティックサロンでも実際に使用されているコスメティックも用意されているので、お部屋でのセルフケアでも上質なエステサロン気分を味わうことができます。

ちなみに、桜庵のルームタイプは、ペントハウスツイン、デラックスツイン、スタンダードツイン、ペントハウスダブルの4種。最上級のお部屋は、ホワイトエレガンスをテーマとするペントハウスツインで、優雅な気分を味わうことができます。

もちろん、それ以外の部屋も、それぞれ趣向を凝らしたデザインとなっており、プライベートテラスやミニキッチンがついた長期滞在向きのお部屋や、森林からの風が気持ち良いお部屋、晴れた日には富士山が眺められるお部屋など、すべてのお部屋に泊まってみたくなるような作りとなっています。